小籠包と言えば やっぱり鼎泰豐(DIN TAI FUNG)

鼎泰豐(DIN TAI FUNG)と言えば、小籠包だ。
ディンタイフォンのショウロンポウは旨いぞと聞いて、台湾旅行に行った時に初めて食べた。

長蛇の列ができると聞いていたので、開店直後に行ったらガラ空きだった。助かった。
旨かった。感動ものだった。
薄い繊細な皮、溢れ出る肉汁。黙々と食べた。何皿もそればかり食べた。

何年かして、日本でも店を開いたと聞いた。
新宿の高島屋に、OPENしたというので楽しみにして出かけた。
当時住んでいた千葉の山奥からわざわざ出かけた。

着いてからも1時間くらい並んでやっと食べた。
抗議の意味で、ひとつだけ食べて、あとは残して帰った。
あれは、小さな肉まんだった。

そのあと汐留でも食べた。
少し皮は薄くなったけど、やっぱり肉まんだった。

クアラルンプールの鼎泰豐の小籠包は、台湾の本店に近いものがある。
ブキッビンタンのパビリオンと、ミッドバレーのガーデンズの地下にある。

パビリオンの鼎泰豐は以前にご紹介した。

ミッドバレーの鼎泰豐ディンタイフォンは、ガーデンズの地下の随分とカジュアルなところにある。
my0764.JPG

my0763.JPG
小籠包は、6個入りが9.80リンギ。8個入りが11.80リンギ。
それにサービス料10%、税6%がかかる。

ランチタイムには、小籠包6個入りと、麺とか飯とかがついて、21.80リンギというのもある。
my0766.JPG
私の場合は、ひたすら小籠包だけと言うのがいい。

小籠包を作っているところが見えるのは、台湾の本店と同じだ。
my0765.JPG
じっと覘いていたら、ニコッと笑ってくれた。

一人で行っても二皿は食べる。それにサービス、税を足すと、、、
22.7リンギ。

600円ちょっとって日本円に換算すると得した気分になるけど、昼食に20リンギ超えはちょっと出費。


今しばらく、応援の「ポチッ」をよろしくお願いします。
    ↓↓

posted by kabumy at 19:03 | TrackBack(0) | 小籠包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック